FXがマイブーム中ブログ
節約してFX資金へ金持ちになるぞーーー!!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コアラはついに鹿児島が一位ではなくなった
コアラでもボス的な存在がいるのでしょうか。

鹿児島市平川町にある平川動物公園で飼育されていた
オスのコアラ「ミッキー」が6日に亡くなったことがわかりました。

また、マルコはコアラのマーチが大好きです。

野生の状態の平均寿命は10歳、
飼育下では10~12歳といわれているコアラですが、
ミッキーは12歳7か月だったそうです。
人間の年に例えると「90歳」を超える大往生とみられ、
死因は老衰が原因とみられているようです。

こんな日本では貴重なコアラをロールケージで守ってあげないとね。

ミッキーは昨年の6月頃から体重が減り始めたそうで、
食事もペースト状にしたユーカリやコアラ用のミルクなどを飲ませていたそうです。
でも年末から食欲が落ち、年明けからはほとんど餌を口にしない日が
続いていたそうです。

「コアラ飼育数日本一」の座失う ミッキー大往生 鹿児島市の平川動物公園
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100108-00000006-nnp-l46

昔は数か所の動物園でしか見ることができなかったコアラですが、
平川動物公園では1984年からコアラの飼育を始め、
90年ころからは飼育数日本一になっていたそうです。

その数は97年度末には27匹もいたようですが、
園内で誕生した赤ちゃんが53匹いた一方で、
白血病などで亡くなるコアラが48匹もいたといい、
コアラの飼育の難しさを示しています。

参考:ビューティーローズ

オーストラリアでもその数が激減しているというコアラ。
絶滅危惧種に指定される日が来ないように、
今から環境改善をしていかないと手遅れになってしまいます。

なかなか、コアラってみませんよね。

スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。